« 勝てば官軍? | トップページ | iPhoneバカ売れの陰で、ひっそりと予約瞬殺していた新型EeePC »

2008年7月22日 (火)

地球寒冷化現象を支持して、この夏を涼しく過ごそう

暑いですねー。
もう、溶けそうです。

こんな時は、筒井康隆の小説(題名忘れた)に、地球がだんだん暑くなって、ビルの階下程、値段が高いと言うのがあったのを思い出してしまいます(しかし、オチは忘れた)

この小説。現代の温暖化を予見している訳ではなくして、その頃(1970年代中盤)、大流行りに流行った「地球寒冷化説」のアンチセーゼだったのですが(ひょっとしたら、何かのデータを元に発想したかもしれないが、少なくとも、自分は、そう理解していた)、こう暑いと、ふと、その頃の事を思い出して、サムい話題で、気持ちだけでも涼しくなろうと(笑)思って、ぐぐってみると・・・どうも、また、過去の亡霊が出現しているようです。

寒冷化でぐぐってみた


主張のおおまかの所をまとめてみましてた


◎CO2は、本当に『犯人』なの??

1)CO2が増えるので、気温が高くなっているのではなく、気温が高くなると(理由は解明されてないが)CO2量が増える。ピナツボ火山が噴火した後、2年ぐらい、地球の平均気温が下がったのだけど、その時にCO2の量もへっている。火山が噴火したのは、1991年。ちょうど、日本はバブル崩壊の始まった頃だったが全体としての世界の経済活動は(むしろ今より)活発で、CO2の増加が人為的なものであれば、CO2の増加に急激な変化があるのは説明できない。

2)地球に現存する温室効果ガスの全体の量で、一番量が多いのはH2O(水=水蒸気)でその量は全体の半分以上。その次はメタンで全体の5分の1、その次がやっとCO2で、6分の1、残りがフロンなど、表にならない程多数のガス。

3)H2Oの温室効果は、CO2の10倍


◎そもそも『温暖化』ってあり??

1)太陽活動が活発だったのは2000年までで、その後活動が落ち着いてきている。
(そういえば、1990年代の終わり頃に、いくつもの大きなフレアが確認されたはずだ。)

2)地球温暖化が進むと、北極や、南極の氷が溶ける。北極の氷が溶けても、体積的に問題は無いが、海の塩分濃度が低くなり、海流の流れが阻害されて、暖流の側にあって、実際の緯度よりも気温が高かった地方(例えば、イギリス、日本、韓国、米(ニューヨーク)など)の気候。特に冬の寒さが厳しくなる。

☆★☆★☆

なんだか、他にも色々あるが、原子力発電は結果的にCO2をたくさん使っているとか、風力発電は結果的にCO2を使っているとか、CO2にこだわった論調が多いので、それは割愛した。


そこはかとなく「とんでも」っぽいかほりが漂うが、大元は、丸山茂徳という、東京工業大学大学院理工学研究科地球惑星科学専攻教授という、立派な肩書きを持った人の持論のようだ。

プレートテクトニクスと言うのは、今時のゆとりの中学生でもわかると思うが、それを一歩進めた理論としてのブルームテクトニクスの提唱者の一人でもあり、本人が書いたモノや、インタビューを読む限りでは、なかなか説得力を感じる。

中でも、面白かったのは、「そもそも、現在、南極の氷が溶け出しているのは、南極の地下構造は、南極大陸の上に地熱でとかされた湖があり、その上に氷が乗っている状態らしく、現在は地熱が高くなり、湖が広がり、氷が押し上げられて、海に落ちているのであり、温暖化で溶け出している訳ではない。(以下寒冷説へと続く)」という説で、目に鱗だった(落ちたのか、飛び込んだのかは、わからんが)

よそのサイトの結論ではあるが、大体の人が知っての通り、イラク戦争は「アメリカの石油利権」の戦争であり、なんで、アメリカが石油をあんなに必死になって買い付けているかと言う事を考えると、なまじ嘘ではないかもしれない気がする。

ほら、ちょっと、薄ら寒くなって来たでしょう。


まあ、でも、この寒冷化が始まるのは2050年というから、それまでは、やっぱり暑くなるんじゃないかな??
(冬は寒くなるかもしれないけど)

で、じゃあ、石油は好きに使っていいか(まあ、使おうたって、高くて使えないんだけど)と言うと、日本はイラクの石油利権をアメリカに持って行かれてしまたし、元々資源が無いし、もし、もの凄く寒くなった時の為に、消費エネルギーの少なくて、大きな力の出るECO製品は、もの凄く役に立つと思うんで、決して無駄にはなってないかもよ。(笑)

それに、この理論がホントだったら、今までのようにCO2の脅威におびえなくてもよくなったかもだから、日頃ECOな方も、倒れる寸前でがまんしてないで、もの凄く暑い日には、ちょっと冷房をつけたり、氷を買って来て扇風機の前に置いてみたりと、熱中症をふせぐ、良い口実に是非、お使いくださいね。(爆笑)


丸山茂徳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E8%8C%82%E5%BE%B3

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&pwst=1&q=%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E8%8C%82%E5%BE%B3+%E5%AF%92%E5%86%B7%E5%8C%96&revid=1499556034&sa=X&oi=revisions_inline&resnum=0&ct=top-revision&cd=3


|

« 勝てば官軍? | トップページ | iPhoneバカ売れの陰で、ひっそりと予約瞬殺していた新型EeePC »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報ありがとうございました。

自分も、常々、半ばヒステリックになったCO2削減に大変疑問を感じていたのですが、寒冷化説とはまた大胆な(笑)
しかしながら、丸山教授の学説は大変筋が通っていて、生半可な知識では、これを覆すのは到底無理だと感じます。

ただ、ほとんど宗教化したECO信者は、恐ろしいので、気をつけて下さい。(笑)

もし、よろしければ、また、情報をお願いします。

投稿: とど○ | 2008年7月25日 (金) 11時12分

こんにちは。
丸山茂徳教授の寒冷化理論は、今年の5月に慶應義塾大学内のホールで開催されたシンポジウムで直接聞いた時に、これはほぼ間違いない理論だと思いました。
その時録画したビデオをアップしてありますので、よろしければご覧下さい。
http://video.google.com/videoplay?docid=-2363374941900418188

また、私のブログの7月24日の記事には、丸山茂徳教授とは全く違う理論で、既に地球の温暖期は終了し、寒冷期に突入したとことを証明している、とある大学教授の発表が掲載していますので、よろしければご覧下さい。

投稿: スパイラルドラゴン | 2008年7月24日 (木) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505205/41934771

この記事へのトラックバック一覧です: 地球寒冷化現象を支持して、この夏を涼しく過ごそう:

« 勝てば官軍? | トップページ | iPhoneバカ売れの陰で、ひっそりと予約瞬殺していた新型EeePC »